刷毛と青い線

省エネのリフォーム

フローリング

最近では、断熱性を高めるリフォームをする人が増えてきています。
その背景には、社会のエコ化が進んでいるということがあります。
断熱リフォームをすることで、室内の気温が下がります。それによって、エアコンの温度設定が上がり省エネへと繋がります。
「断熱」という言葉から、冬は寒いのではないかと不安になる人も多くいますが、冬は室内を温かくする効果を感じることが可能です。
断熱リフォームを行えば、年中快適に過ごすことが可能です。

断熱リフォームの方法は、いくつか存在します。
屋根や外壁のリフォーム、窓のリフォームです。
この中でも、特に窓のリフォームは手軽に行うことができるとして注目されています。
窓のサッシを二重にすることで、室内の温度を一定に保つことができます。
夏には、直射日光を部屋に入れず、エアコンの冷たい風を逃しません。
また、冬には外の冷気を室内に入れず、暖房の温かさを維持します。

室内の温度を快適に保つ事以外にも、結露対策にも効果的です。
結露は、住宅を痛めてしまう原因にもなる上に、カビを発生させる原因にもなります。
カビが発生した場合には、居住する人の体調に影響を及ぼすこともあります。
結露が気になるという場合には、早めの対策が必要と言えます。

簡単に取り付けが出来る二重サッシですが、注意点があります。
サッシの交換が禁止事項となっているマンションや設置ができない造りになっている窓があることです。
その為、工事の依頼をする際には不動産会社への確認や、窓の種類の確認が必須となります。